バイオレットリーフの効果・効能と使い方や注意点|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル百科

Violetleaf02

バイオレットリーフとは?

春先に紫色の花を咲かせる多年草。和名ではニオイスミレと呼ばれ、可愛らしいハート型の葉が女性の間で人気があります。ヨーロッパでは古くから化粧品や飲み物、シロップ等の食用としても使われてきました。なかでも有名はビオラシロップは、スコーンやマシュマロ作りに使われていました。他にも咳止めなどの薬草として使われるなど、幅広い用途で知られている歴史のある植物です。現在ではごく少量のみ栽培されており、希少な精油はアロマセラピー上級者の間でも高い人気があります。

バイオレットリーフの詳細データ

   

学名 Viola odorata
科名 スミレ科
抽出部位
原産地 フランス、イタリア
主な成分 9,12-オクタデカジエノン酸、2,6ノナジエナール、パルミチン酸、3-ペンタデセナール、1-オクタデセン、2,6,11-トリメチルドデカン
作用 去痰、抗炎症、神経強壮、鎮静、鎮痛
濃い緑色
ノート ミドル

バイオレットリーフの効果・効能

【心】不眠症の改善に

緑の葉を思わせる強く深い香りには、催眠作用があります。不安や緊張等のストレス感情を鎮め、呼吸を深く落ち着かせます。就寝前に、アロマを焚いて寝ると不眠症の改善が期待されます。

【体】頭痛や呼吸器系の不調に

鎮痛作用があり、特に頭痛、片頭痛に効果的と言われています。口や喉の炎症、気管支炎の症状にも働きかけます。二日酔いの症状の改善にも役立つため、飲み会が続いている日に芳香浴等で利用すると良いでしょう。

【肌】炎症によるかゆみを緩和

抗炎症作用により、湿疹等の炎症からくるかゆみを抑えてくれます。コスメに使われることも多く、ニキビや毛穴の肌トラブルに効果的です。

バイオレットリーフのおすすめブレンド

シトラス、フローラル、レジン、 ハーバル、ウッディ系の精油と調和します。クラシックな雰囲気を出したいときにオススメです。香りが強いため、爪楊枝の先にほんの少しとってブレンドするだけで十分香ります。

心を落ち着かせたいときに

イランイラン、チュベローズ、ネロリ

気持ちを明るくを前向きに

クミン、スペアミント、ミモザ

頭痛や不眠症対策に

ラベンダー、クラリセージ

呼吸器系の悩みに

フランキンセンス、バジル、ベンゾイン

バイオレットリーフの主な使用法

芳香浴、吸入、マッサージ、塗布、コスメ

バイオレットリーフの使用上の注意点

妊娠中や授乳中の使用は避けましょう。