タジェットの効果・効能と使い方や注意点|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル百科

Tagetes02

タジェットとは?

のこぎり状の葉と鮮やかなオレンジ色の小さな花が特徴の、1.5 mほどの草丈に育つ1年草。マリーゴールドの1種であり、メキシカンマリーゴールドとも呼ばれます。近縁極には、ポットマリーゴールドやフレンチマリーゴールドなどがあります。タジェットとしても多種が存在し、世界各国、五大陸すべてで生育するという点では類を見ません。日本でも外来種として育ち、シオザキソウと呼ばれています。

タジェットは、昔から殺虫剤として役立つといわれ、植物はハエや害虫などの虫よけのために植えられてきました。現代では料理の香辛料として使われており、ハーブティーでは風邪や腹痛の改善が期待されています。

タジェットの詳細データ

   

学名 Tagetes glandulifera, T.minuta, T. oatuia
科名 キク科
抽出部位 花の咲いた地上部分
原産地 南アメリカ、オーストラリア、エジプト、 モロッコ、フランス、南アフリカ共和国
主な成分 β-オシメン(~43%)、ジヒドロタゲトン、タゲトン、タゲテノン、リモネン、ゲルマクレンB、クマリン
作用 血圧降下、抗炎症、抗菌、抗微生物、抗不安、昆虫忌避、消毒、神経強壮、鎮静
赤褐色
ノート ミドル

タジェットの効果・効能

【心】不安感を抑えリラックスを促す

タジェットの香りには鎮静作用があると言われています。不安や緊張を和らげ、心を平穏にし、落ち着きを促進させます。ストレスや精神的な疲労の緩和に役立ち、リラックス効果が期待できるでしょう。

【体】女性の悩みに

微生物作用があり、傷薬や感染症のために使われます。頭痛やめまいには吸入を、咳や気管支炎・カタル症状のためには蒸気吸入がオススメです。また、月経促進作用による月経不順や無月経の緩和にも効果があると言われています

【肌】角質や出来もののケアに

抗菌作用があることから、タコや魚の目に効くとされています。光感作性・皮膚刺激があるため、必ず低濃度に希釈して、使用前にパッチテストを必ず行いましょう。

タジェットのおすすめブレンド

シトラス、フローラル、ハーバル系の様々な精油と相性が良く、香りが強いので少量のブレンドでも十分香ります。低濃度にすると、りんごや葉巻のような香りが感じられます。

リラックス効果、緊張緩和に

クラリーセージ、ベルガモット、ラベンダー

殺菌・空気浄化に

レモン、ミルラ、カユプテ、ジュニパー

虫除けや芳香剤に

シトロネラ、レモングラス、ユーカリ

さっぱりフットケアに

サンダルウッド、フランキンセンス、パイン

タジェットの主な使用法

マッサージ、湿布、虫よけ、コスメ、ハーブティ

タジェットの使用上の注意点

妊娠中の方、乳児への使用は控えましょう。光感作性、皮膚刺激があるので必ず1%未満で使用してください。