チャンパカの効果・効能と使い方や注意点|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル百科

Champaka02

チャンパカとは?

瞑想に導く崇高な香り

フィリピン、インドネシア原産の木に咲く黄金色の花。標高の高い場所に育ち、樹高は50mもの高さになります。和名は「金香木(きんこうぼく)」と呼ばれ、昔からインドや中国で万能薬として活用してきました。南国の花の中でも、特に強い香りを持ち、夜になるとその香りが強くなることでも知られています。インドでは富の象徴として礼拝に使われたり、女性の紙に飾ったり、水を入れたボウルに浮かべて香らせたり、様々な用途で活躍します。甘く華やかな香りはフレグランスとしての用途でとても人気があり、シャネルの香水にも使用されています。

チャンパカの詳細データ

   

学名 Milchelia champaca
科名 モクレン科
抽出部位
原産地 東南アジア、インド、タイ
主な成分 2-フェニルエタノール(~34%)、リノール酸メチル、アンスラニル酸メチル、インドール、酢酸ベンジル、β-イオノン
作用 抗うつ、抗炎症、抗不安、催眠鎮唾、鎮静、皮膚再生、保湿
薄茶色
ノート ミドル~ベース

チャンパカの効果・効能

【心】気持ちを落ち着けたいときに

抗うつ、抗不安作用があり、濃厚で甘い香りがリラックス効果をもたらします。緊張状態が続き、心が疲れているときにはココナッツオイルに少量混ぜて肌に塗っておくと、ほのかに香り、神経疲労を和らげてくれます。リゾートを思わせるエキゾチックな香りは気持ちを解放し、前向きな気分にさせてくれるでしょう。

【体】微熱やつらい片頭痛に

鎮痛作用があり、頭痛やストレス性の偏頭痛緩和に効果があります。原産地のインドでは、古くから樹皮を解熱剤に使っていたとも言われており、風邪の初期症状ケアにも役立ちます。

【肌】ニキビやしみのケアに

スキンケアや化粧品の原料にも取り入れられています。肌のターンオーバーを促し、乾燥が原因のニキビや皮膚炎のケアに役立ちます

チャンパカのおすすめブレンド

シトラス、フローラル、レジン、ウッディ、ハーバル、スパイス系の精油と調和します。イランイランやナツメグなどの南国系の精油とブレンドすると、エキゾチックな香りを楽しむことができます。インドールが含まれるため、多く入れすぎるときつく香りすぎる場合があるので感じる可能性があるので少量で使用することをお勧めします。

心を落ち着かせ、リラックスしたいときに

サンダルウッド、チュベローズ、バイオレット

気分を明るく前向きにしたいときに

プチグレン、フランジュパニ、カーネーション

女性特有の不調に

イランイラン、ローズ、ネロリ、ジャスミン

チャンパカの主な使用法

吸入、マッサージ、コスメ、スキンケア

チャンパカの使用上の注意点

妊娠中や授乳中の方は、使用を避けましょう。肌への刺激が強い為、敏感肌の方は肌への使用は避けましょう。