マインドフルネス瞑想がもたらす12のすごい効果とは?

マインドフルネス瞑想がもたらす12のすごい効果とは?

瞑想は頭の中の整理術です。

私たちの頭の中は想像以上に散らかっています。何も考えずのんびりとリラックスしているつもりでも、実は頭の中は常に回転していて、いろいろな考え事で散らかっている状態です。
この「考える」という行為をやめて、頭の中を整頓すること。複雑になっていた頭の中がシンプルにクリアになる整理術のようなものです。

「毎朝、メディテーション(瞑想)しています。心が落ち着いて穏やかな気持ちになって、子育てにしても家事にしても、豊かで有意義な1日を過ごすことができるのです。」 – ミランダカー

マインドフルネス瞑想がもたらす12のすごい効果

マインドフルネス瞑想がもたらす12のすごい効果

1.ストレス軽減

瞑想はストレスや不安を減らすのに非常に効果的です。 ある研究では、瞑想を約3ヶ月間にわたって実践した場合、ストレスが軽減することがわかりました。
別の研究では、マインドフルネス瞑想をすることにより、不安や心配に関連する脳組織の密度が減ることが明らかになりました。

2.幸福感を高める

瞑想は心理的機能を高め、その過程で幸福感を高めます。ヨガもにもこのようなことかがあることがわかっています。とある研究によると、定期的に実践すると重大な治療効果があり、生活の質を向上させます。

3.集中力を高める

瞑想は、思考があちこち自分勝手に動き回るのを手綱を引いて連れ戻し、一点に留めるという作業です。つまり、一つのことに集中する練習でもあるので、目の前のことに意識を集中しやすくなります。
その結果、瞑想以外でも其の集中力は高まっていき、仕事やスポーツや趣味などあらゆることのクオリティーが向上します。
研究でも、マインドフルネス瞑想が認知を改善し、集中を必要とするタスクを実行する能力を高めることが示されています。

4.ぐっすり眠れるようになる

瞑想をすると睡眠の質があがります。慢性的にストレスを感じていると交感神経が優位になって、眠りが浅くなってしまいます。瞑想をすることで自律神経のバランスが整い、ぐっすり眠れるようになります。

5.人間関係を改善する

瞑想は、他人とのかかわりを円滑にすることが証明されています。瞑想をすることによって、他人に共感する能力が向上させます。 また、瞑想することにより感情の安定性を高めてくれるので、日常の生活で、否定的な人々の影響を受ける可能性が少なくなります。

6.より創造的になる

瞑想は創造性を高めます。Apple社のスティーブ・ジョブズや映画監督のデイビッドリンチ監督、ビートルズなど、世界的に有名な人々が、瞑想を生活の一部にしているのは偶然ではありません。

7.洞察力がアップする

洞察力とは、物事をゆがみなく本質的に観ることができる状態のことをいいます。
そのゆがみは、それまで生きてきた経験や環境などを通してできた、余計な知識や先入観などから形成されます。瞑想は、この心のゆがみに気づき、取り除いていく練習法でもあります。

8.記憶力を向上させる

研究によれば、マインドフルネス瞑想を実践することによって、物事を記憶し、新しい情報を保存および統合する能力が向上することがわかっています。また、瞑想を実践する人は、しない人よりも気を散らすものを遮断し、生産性をあげる脳波を調整する力があることが発見されています。

9.決断力を高める

ビルゲイツやスティーブ・ジョブズなど有能な経営者が自分の仕事をより良くするためにマインドフルネス瞑想を習慣にしているのには理由があります。 マインドフルネス瞑想が、脳の意思決定機能を向上させることによって、より良い決定を下すのに役立つことが研究によってわかっています。

10.イライラしなくなる

瞑想をすると、「今、自分は何を考えているのか」を客観的にみることができるようになってきます。
客観的に感情を観察して、たとえイライラするような場面でも「これはそこまで怒ることでもないな」とか「あの人にも何か事情があったのかもしれないな」と冷静に認識し、イライラを沈めることができるようになってきます。

11.悩みが減る

悩みは頭に余裕がなくなってきたときに起こります。小さなことでも簡単に処理できなくなってきます。処理できないことが山積みになってくると1つ1つは大したことでなくても、頭の中は混乱し、窮屈になってきます。いろんな未解決の悩みが頭のなかを占領し、頭は常に「考えかけの思考」をたくさん抱えたままになります。
頭の中がクリアな状態であれば、あっという間に片付くことでも、山積みで片付けられず、さらに悩みが増加するというわけです。

12.くよくよしなくなる

クヨクヨするとは、「ああすればよかった」とか「あんなことをしなければよかった」とかこのことを悔やんでそのことに心が執着してしまうことです。
瞑想では、どんな思考も「追わずにスルー」するという練習をしますから、たとえ堂々巡りの思考が起こっても、すぐにそれに気づき、そこから脱出することができるようになります。